イヨミズキ(伊予水木)、スイセン、コギク(小菊)の3種を瓶花の直立型に生けました。イヨミズキを主枝に生けますが、どの小枝を残すか考え、脇枝や小骨のような微細な枝は丁寧に払って形を整えます。主枝全体が棒立ちになっていたので、左に傾げるように思い切って根元で折ります。もう1本イヨミズキを副枝に生けます。スイセンを中間枝として手前と奥に1本ずつ生けます。手前のスイセンの葉は左右4枚の長さが似ていたので、長さを変えて針金で止めます。スイセン、学名Narcissusの花の姿は官能的と言われます。次にコギクの花材は生ける前に、たくさんある小枝を払って主なもの2本ほど残しておくようにします。小枝を払うときはできるだけ葉を残すようにして、のっぺりした棒みたいになるのを防ぎます。このコギクを客枝に生けますが、長い小枝を右外側に位置するようにします。もう1本のコギクを中間枝に、さらにもう1本の小さい枝を足元前方に生けて、不調法な隙間を埋めます。さてここまで仕上がって惜しまれるのは、もう1本イヨミズキを足して、左からぐっと真ん中に入ってくるような形に生けると洒落たものになるのですが、根元にそのスペースが無く、断念しました。最初からそのつもりで生ければ良かったですね。反省点です。

次に盛り花の直立型に生けかえました。イヨミズキ2本を主枝と副枝に生けます。主枝のイヨミズキは瓶花のものと違ったもので、足元がくねった面白い形をしています。主枝のイヨミズキが中間枝のスイセンに近づき過ぎないようにします。もう1本前方にスイセンを生け、この葉を前方にしなだれさせます。コギク1本を客枝に生け、さらに大小の3本を生けます。

次の写真小原流のページに戻る