アオモジ、バラ、シダ(晒しシダ)を「直立型」
 に花瓶に生けました(瓶花、へいか)。
 主枝と副枝にアオモジを配置、力強い枝ぶりです。
 主枝と副枝は「横木留め」を用いてしっかり留めます。
 客枝と中間枝にバラを「折留め」で配置します。
 バラの表情が生きる角度に生けます。
 1本のシダを主枝と中間枝の間に、もう1本のシダを
 副枝と客枝の間に下方から受けるように生けます。
 シダには表と裏があり、矯めが利きますので、
 弯曲させると面白いですが、濡らして萎びないように気をつけます。
 アオモジの爽やかな緑、バラの愛らしいピンク、
 晒しシダの純白が新春らしい明るい雰囲気を醸し出します。













小原流のページに戻る次の写真